人間関係に疲れた人必見!ストレスフリーになる方法を教えます

メンタルヘルス

 

こんばんは、ブロガーのマーフィー(@murphy_0117)です。

突然ですが、「人間関係に疲れた...」と悩んでいる人はいませんか?

それも無理はありません。

 

何故なら、人間の悩みはすべて対人関係から生じると言われてるからです。

学校、職場、友人、恋愛、家庭、どれを置いても人間関係はついてきます。

 

そこで今回は、人間関係に疲れた人のためにストレスフリーになる対策法を伝えたいと思います。

 

「人間関係での悩みを解消したい……!」と考えている方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

人間関係に疲れた原因は?

多くの人は他人から嫌われないように、自分に仮面をつけて接しています。

しかし、そうなると常に演じた自分で相手と話すことになるので、疲労していくのは当然のことです。

 

相手の顔色をうかがって、相手に嫌われないようにと自分の気持ちを抑えて「良い人」を演じていると、次第に人間関係に疲れたと思うようになってきます。

 

こうして、無意識のうちに『人間関係=疲れるもの』という認識になってしまうのです。

 

◇合わせて読みたい関連記事◇

誰かに好かれるということは、誰かに嫌われることである。
ブロガーのマーフィー(@murphy_0117)です。 以前こんなツイートをしました。 まずは読んでみてください。 ポジティブで前向きなツイートを心掛けようとしたら、ネガティブなツイートがメインの人にブロックされて...

 

人間関係に疲れた時の対処法

自宅で簡単!】リラックスできる方法を10個に分けて徹底解説

マーフィー

では、「どうすれば人間関係に疲れないのか?」という疑問を一緒に考えましょう。

まず相手の顔色を伺って生きている人は、本日から「嫌われてもいいや」と思うように考えましょう。

今まで演じてた「良い人」を辞めて、相手のことは気にせず自分の意見を素直に言ってみませんか?

 

そうやってありのままの自分を出して、相手に嫌われてしまったら、所詮その程度の関係だったということです。

 

なので、嫌われる勇気を持つのも一つの手だと思いますよ。

 

◇合わせて読みたい関連記事◇

~アドラー心理学まとめ~人間関係に悩んでいる人こそ『嫌われる勇気』を読んで欲しい5つの理由
マーフィー(@murphy_0117)です。 アドラー心理学の「嫌われる勇気」は日本でも大ヒットしたロングセラーですが、 人間の悩みの原点である対人関係について詳しく書かれている本です。 アドラーは 「人間の悩みは、...

 

2:6:2の法則を知ろう

マーケティングも恋愛も同じ?!あなたのことを「好き」と言ってくれる2割の人を見つけよう | コムサポートオフィスブログ

ここで人間関係の悩みを一気にラクにしてくれる『2:6:2の法則』を紹介したいと思います。

 

例えば、職場では

・仕事ができる人は、2割

・普通ぐらいの人は、6割

・仕事ができない人は、2割

と、ばらつくのが普通です。

 

どこに行っても、2:6:2程度でばらつきがあるものなんです。

 

つまり世の中、あらゆることが、

「2:6:2のバランスで、うまく成り立っている」

というわけです。

 

これを人間関係に例えてみましょう。

 

そうすると、

・あなたのことが好きな人が、2割

・どちらでもない人が、6割

・あなたのことが嫌いな人が、2割

となるわけです。

 

なので自分と合わない人がいても、悲観することはありません。

自然の法則に従った仕方がないことなのです。

 

自分に合う人がいる、それと同時に合わない人もいる。

2:6:2の法則に従えばいいだけの話です。

 

マーフィー

自分に合う人がいる、それと同時に合わない人もいる。

そう思えば随分と気が楽になりませんか?

 

無理をして仲良くならない

「ネイルをした両手」の写真

結局はこれなんですよ。

そもそも無理して作った関係なんて長続きしません。

いつか自然消滅して終わります。

 

自分らしく生きていたら、きっと自分に合う人が見つかります。

ありのままの自分で仲良くなれる人、気が付いたら隣にいる人を大切にしましょう。

マーフィー

自分一人の時間と、大切な人といる時間、どちらも大事に生きることをおすすめしますよ(*^^*)v

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

多くの人は対人関係によって、多大なストレスを抱えがちです。

しかし、人間関係の法則を知ったら少しは気が楽になると思います。

 

まずは自分に合った環境に身を置くことが大切です。

マーフィー

無理をしない関係を築き上げて、ストレスフリーに生きましょう!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました